症状を知る|まぶたが覆いかぶさる症状|手軽な埋没法で二重を作る
女の人

まぶたが覆いかぶさる症状|手軽な埋没法で二重を作る

症状を知る

婦人

人が生活をしていれば様々な病気を経験したり見聞きしているでしょうが、眼瞼下垂はあまり聞きなれた症状ではないかもしれません。眼瞼下垂は先天的・後天的に上瞼の機能障害のために瞼が開き難くなる症状です。視界に制限が生じるため姿勢が悪化したり無意識に目周辺の筋力に負担をかけることで頭痛や肩こり、鬱等を発症することもあります。眼瞼下垂は治療が可能ですが、瞼は非常に複雑な構造をしている上に容姿の中でも目立つポイントですから単純な眼瞼下垂の解消だけではなく美容面でも患者への負担を減らす試みが続けられています。そのため、従来から実施されている切除による治療だけではなく出来るだけ切除を減らしたり目立たないような工夫をした治療法の開発が進められています。

視界が狭くなってしまったために顔の筋肉や肩に継続的で過度な緊張状態を強いることで筋肉痛や偏頭痛等を発症して、その原因が眼瞼下垂であることも珍しくありません。また、何らかの不調を感じることで精神障害や睡眠障害を引き起こすこともあります。眼瞼下垂の治療は医療行為ですから眼科や形成外科で受けることが一般的です。大抵の施術は医療保険の適用を受けることが可能です。加齢で発症することもありますが、コンタクトレンズの長期使用で眼精疲労が蓄積していくと眼瞼下垂を発症することがあります。また、同様の理由で、最近ではパソコン等で疲れが溜ってしまって引き起こされることもありますが、定期的な疲れ目対策をすることで予防が可能です。