婦人

まぶたが覆いかぶさる症状|手軽な埋没法で二重を作る

老けて見られる

目

まぶたが覆いかぶさる症状

近頃では、眼瞼下垂と呼ばれる症状を引き起こす方が急増しています。この眼瞼下垂とは、簡単にいうと、目を開いた時にまぶたが上げづらい状態のことです。眼瞼下垂になると、視界が狭くなるので見えにくくなります。その他にも、目を開くとおでこの筋肉を頻繁に使うことになります。そうすることで、おでこにシワが寄って、人から老けて見られます。また、顔の筋肉が常に緊張しているので、頭痛、肩こり、目の痛みなども引き起こします。また、逆さまつげになる事が多く、目が痛くなります。眼瞼下垂になる原因は、眼瞼挙筋というまぶたを上げる筋肉の機能が悪いことが挙げられます。その他にも、コンタクトレンズの着用で頻繁に目をこすることでも生じます。

施術の方法とはどういうものか

美容クリニックでは、眼瞼下垂を解消する施術を行います。具体的な施術法は、目の二重に沿ってまぶたを切開し、腱膜を瞼板の元の位置に固定します。まぶたを支えるミュラー筋が元に戻るので、眼瞼下垂が解消されます。医師は、瞼の状態、二重の幅などを考慮して、自然な感じになるように手術してくれます。二重の整形で埋没法と呼ばれる施術法が有名ですが、眼瞼下垂の状態によってはこの埋没法を行なうのがおすすめの場合もあります。施術後に傷が残らないか心配される方が多いですが、問題はありません。施術直後は、細い線としてキズが皮膚に残ります。ですが、時間の経過とともに次第に目立たなくなります。また、施術後は瞼の開きが良くなるために、涙の蒸発量が増えてしまいます。それで、一時的にドライアイになりますが、点眼薬を処方してもらうのがおすすめです。なので、普段どおりに生活を送ることができます。

脚

予防をする方法

日頃から目をよく使っている人は、眼瞼下垂になる可能性があります。しかし、眼瞼下垂は日頃からの意識で予防をすることもできます。あまり目をこすらないことや、アイメイクを変えることでそれは可能です。

婦人

症状を知る

視界が狭くなることが主症状の眼瞼下垂は耳慣れない病気ですが、偏頭痛や筋肉痛、精神疾患や睡眠障害を引き起こす可能性もあります。美容上の問題から瞼への眼科や形成外科の施術は配慮がされるようになっていますが、後天的症状には予防も可能です。

バスト

治療で治す

ニキビ跡に悩んでいる人は、クリニックに行って治療することも視野に入れてみましょう。クレーターになる前に行なうことが大事です。少しずつでも解決に向かっていきましょう。